ヘッドライン

ノーブルウィッチーズ7 第506統合戦闘航空団 反撃!プレミアム特装版

ミラージュウィッチーズ外伝 「ダキアの白い流れ星」part1 『もこもこSS』 

 
IMG_2379.jpg



 
カンタクジノは神妙な面持ちで、バルコニーから月明りに照らされた領地を見渡す。

かつて多くの人々が生活を営んだ、古い石造りの街並みはネウロイによる戦禍で
あちらこちらが崩れ落ち、復興の手を今か今かと待っている。

その外れに鬱蒼と広がる黒く深い森も、雑草の絨毯に色とりどりの野花が彩を添えた
草原も、ネウロイの攻撃によってところどころ地表の色を露にしている。

「犬房曹長、私はここから見渡すこの土地が好きなんだ」

カンタクジノは後ろに立つ犬房に一人語りに語りかける。

「この見渡す限りの土地に比べたら、私の身体を差し出すくらい安いものだ」

「カンタクジノさん!」

思わず叫ぶ犬房を制するようにカンタクジノは言葉を継ぐ。

「明日、私はあの男の要求を受けようと思うんだ」





今朝方、訪ねてきたその男はカンタクジノにこう告げた

「復興の資金繰りにお困りのようですね、よろしい全て私が負担しましょう
ただし条件があります。カンタクジノさん、あなた私の妻になりなさい」

男のぶくぶくと肥えた醜い顔に、醜い笑みが浮かぶ

カンタクジノは動揺を顔には出さずに答える

「突然何を言い出すかと思えば…お引き取り願おう」

「まあまあどうか話は最後まで聞いて頂きたい」


男は肥えていた。
卑しく貧しい出身のその男は戦乱の中の闇市で、
また戦後復興の特需に乗ってその身体と懐をぶくぶくと
肥えさせて、一介の貴族など及びもつかないほどの財産を築いていた。

男は考えた。
卑しい出身など金さえさればいくらでも覆せると
卑しい出身でも金さえあれば貴族すら屈服させられると

男の鬱屈した感情のはけ口としてカンタクジノは選ばれた。


男は言葉を継いだ

「今、私は『妻』になりなさいと申し上げたがどうやら語弊があるようだ、
何もあなたを言葉通り「妻」として娶ろうなどとは申しません、私にとって女など
選り取り見取り、一人の「妻」に縛り付けられるなど御免被ります。」

「おや?まだ合点のゆかない顔をしておられますね?まさか私がこんな
ちっぽけな家を乗っ取ろうとしてるなどとお考えで?ご冗談を」

男は芝居がかったセリフ回しに、クツクツと下卑た笑いを乗せる
そして畳みかけるように告げた

「私の気が向いたときだけ抱かれればいい、あなたに飽きたら
それが最後、もちろん資金援助は最後まで責任もって果たします
悪い話ではないでしょう?」

男の表情に下卑た笑みが張り付き、古城には男の高笑が響いた


「帰ってくれ…」

何とか感情を押し込めたカンタクジノが声を絞り出す


「ええ帰りますとも、そしてあなたは必ず私を頼ってくる」

男は見下すような目線で睨め付けてから立ち去った。





カンタクジノは犬房を抱きしめて呟いた

「明日、私は穢れてしまう…でも民衆のためなら些末な事だ」

(カンタクジノさん、震えている…)

犬房はいたたまれずカンタクジノの背に両手を回した
何もできない、かける言葉すらみつからない犬房は心の中で呟いた

(もこもこ、カンタクジノさんがこんな目にあってるのに何やってんすか…)

その夜二人は一睡も出来ずに過ごした。


続く




1001:管理人もこもこキャット

               ____
             /      \
           / ─    ─ \      
          /   (●)  (●)  \  ネタが無ければ作ればいい
            |      (__人__)     |  というわけで不定期でもこもこSSシリーズ始めるお!
          \     `⌒´    ,/   基本的にはバットエンド無し、   
         /_∩   ー‐    \   管理人がちょーかっこいい、  
        (____)       |、 \  管理人がウィッチや戦車女子のモテモテという
           |          |/  /  コンセプトでやってくから感想よろしくな
           |        ⊂ /   
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

なお銃撃や党首、那珂好き豚やクジノストーカーもウンコな役で登場するかもな
      彡ミミミ
     (  ´・ω)   彡⌒ ミ
    γ/  γ⌒ヽ (´;ω;`)   モコモコサン!コウエイノイタリデゴザイマス!!
    / |   、  イ(⌒    ⌒ヽ
    .l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
    {  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / /
    .\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /


ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches (1) (角川コミックス・エース)

   
 
このブログについて



管理人:もこもこキャット

髪の化身

【このブログについて】
【twitterで更新情報掲載中】

カウンター
サイト内検索
過去記事ランダム表示
アクセスランキング