ヘッドライン

ラル隊長よりロスマン先生の方がえっちく見える
   

【歴史】 戦艦大和、「時代遅れの産物」はデタラメ! 驚異の高性能ゆえにたどった数奇な運命  

1: オムコシ ★ 2015/10/19(月) 16:52:45.66 ID:???.net

2015/10/19(月)6:01 Business Journal

no title
 
ロマンを感じる戦艦の筆頭として、今も数多くのファンから熱い支持を得ている「大和」。
艦名に「武蔵」や「長門」と同じく旧国名(地方名)が用いられているだけでなく、日本の旧国号にも重なることから、別格の存在感が漂う。

 主砲は世界最大の46センチ砲で、速力はこの規模の戦艦では驚異といえる27ノットを誇った。当時の日本が持っていた技術力、
知識、資源の結晶ともいえるスペックである。

 大和といえば、第二次世界大戦時に特攻のために沖縄に出撃したものの、目的地に到達する前にアメリカ軍に捕捉され、
執拗な攻撃を受けて撃沈されたという悲壮な最期も有名だ。戦場で活躍したという話がほとんどないため、
「“虎の子”として温存しすぎた」といわれ、「無駄な建造物」の上位にランクインすることもある。

 しかし、本来の設計思想を鑑みると、大和は温存されすぎていたわけではない。
大和は、日本近海での最終決戦を想定してつくられたものだからだ。

 当時の海軍は、真珠湾攻撃の成功後、ろくに補給基地もない太平洋を西へ西へと攻めてくるアメリカ軍を日本本土側におびき寄せる漸減撃退作戦を構想していた。
決められた地点で待ち伏せして攻撃しては撤退し、補給もままならない状態で進軍を続けるアメリカ軍がヘトヘトになったところで、自分たちの庭で一挙に撃滅するという作戦だ。

 全滅させるのは無理でも、「多大な被害を与えて撤退させることができれば、時間稼ぎになる」という計算もあった。

 その最終決戦に登場するのが、前代未聞の超大型戦艦・大和である。
長大な射程圏を生かし、疲弊したアメリカ軍を一方的に攻撃する作戦だったため、気軽に出撃させてダメージを受けることは避けたかったはずだ。
結果として大和は、その通信設備などを活用して司令部としての機能を担うことが多かった。

 しかし、大和が外洋に旗艦として出撃することができたのは、資源に乏しい日本軍が、兵器に万能性を求めていたという事情もあるだろう。
元来、船舶は用途に応じた設計が必要となる。例えば、航行するのが外洋か内洋かでは、重視するべきポイントやつくり方が異なる。

 大和は近海決戦用の迎撃兵器なので、波による船体の傾きを復元する能力や、波に対する抵抗力などは低いはずだ。
これらは、外洋航行の際に強化すべきポイントだからである。
実際、イギリスの戦艦などは北海やバルト海、地中海といった内海での航行を想定しているため、波への抵抗力は高くない。

 しかし、大和はこうした能力について外洋型戦艦並みであり、
浮力を左右する(洋上での船体の安定性に関係する)乾舷の高さは、長門の1.5倍を誇っていた。

●時代遅れではなかった大和

 大和は超巨大な船体にもかかわらず小回りが利き、全速力の27ノットで航行中に「回れ右」をする際も、
必要な移動距離は640メートルと短いものだった。さらに、船体が傾く角度は9度という安定性だ。
全長の3倍以下の移動距離で、ほとんど船体を揺らすことなく180度旋回することができたわけで、自動車でのUターンなどを思い浮かべれば、そのすごさがわかるだろう。

 大和は、これほどの高性能を有していたことで、日本の戦力が低下する中、武蔵と共に本来の目的外の部分で重宝されていたわけだ。

 大和には「航空機が主流となりつつある時代に建造された、時代遅れの産物」という評価もあるが、これも結果論的な視点だ。
大和が建造された当時は、航空機は潜在能力こそ認められていたものの、「海戦の主役はあくまでも戦艦」という考えが主流だった。
アメリカも同時期に次世代の超大型戦艦を構想しており、日本および大和は、決して時代の波に乗り遅れていたわけではないのだ。
(文=熊谷充晃/歴史探究家)


http://biz-journal.jp/2015/10/post_11994.html



 


 





4: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 16:59:22.17 ID:cyolrIgR.net

エアコン完備だったことしか知らない




9: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:00:58.67 ID:tOQ9CzzR.net

>>4
コレを動かす為のボイラーの熱が凄くてエアコン無いと蒸し死ぬか弾薬が爆発するからな




13: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:03:40.28 ID:cyolrIgR.net

>>9
なるほど。
やはりこの手のスレは詳しい人がいてためになるな




362: なまえないよぉ~ 2015/10/21(水) 07:44:29.41 ID:uqw3/f5D.net

>>9
装甲を厚くしたら魚雷一発で気化ガスに引火して沈んだ船とか、そういうのを教訓にして作ったんだろうね
焼き鳥製造機の加賀とかも甲板の兵士を殺す船だしな。

長門型で大和を作ればよかったのにね
長門型は全部戦火を生き残った船だからね、陸奥は事故って沈んだけど
水爆2発の直撃に耐えた長門こそ最強の戦艦だった。




8: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:00:33.34 ID:3VXCNHAS.net

大事にしすぎて戦機を逃した




211: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 20:44:44.99 ID:0DaLMS95.net

>>8
エリクサーみたいなもんか




10: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:01:09.90 ID:XHigC6Ov.net

連合艦隊で観たんだけどオトリ作戦成功の通信が届かなかったのは陰謀があったのかね

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002LHGI24




15: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:04:46.46 ID:kg6CUAZD.net

日本海軍みたいな
運用する側が無能だと比較的簡単に沈められたりするから
無用の長物にしか見えないんだろうね。
アメリカの戦艦はサイパン・硫黄島・沖縄への上陸前の
艦砲射撃で護衛もつけた上で効率的な使用をされている。




137: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 19:27:23.48 ID:I+DZNQm+.net

>>15
アメリカが艦砲射撃で使ったのは
旧式の低速戦艦では?




144: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 19:32:15.52 ID:Jzn/sOKD.net

>>137
高速戦艦は空母の護衛に使ったり、マリアナでも戦艦だけの任務部隊を作ったりしてるな

日本の戦艦の高射砲も、システムとしてはアメリカよりずっと完成度が低いんだよ
駆逐艦の主砲も秋月とか松以外は高射砲じゃないから対空射撃できないし




19: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:08:46.67 ID:EECkKhPD.net

>大和は近海決戦用の迎撃兵器なので、波による船体の傾きを復元する能力や、波に対する抵抗力などは低いはずだ。
>これらは、外洋航行の際に強化すべきポイントだからである。

瀬戸内海でも想定してるのかw
紀伊半島沖ぐらいでも普通に外洋だが
こいつ海のことまるで知らんだろ




20: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:11:19.70 ID:MSYmBbV7.net

どうみても時代遅れだろ。




36: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:25:10.80 ID:4Nczs1io.net

>>20
開発開始当時は空母と艦載機が使い物になるかどうかは分からなかったから、
既存の兵器システムの中で最高の物を用意しておく必要があった

兵器にとっては先進性より信用性の方が大事だからね
しょうがなかったんだよ




21: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:13:46.43 ID:w4uRPH8F.net

> 大和は、日本近海での最終決戦を想定してつくられたものだからだ。

うそこけ。
短期決戦、早期講和が海軍(山本五十六)の方針だろ。




22: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:14:56.27 ID:mCO5UJws.net

大鑑巨砲主義で日本は負けたってのがそもそも捏造
単純に物量の圧倒的な差だよ




27: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:16:45.02 ID:4r0T+8Aw.net

>>22
大和100隻くらい余裕で建造できる物資と人材がいりゃ話も違ったろうが
それだけの力があったらそもそも戦争になってないか




266: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 23:54:40.62 ID:KfwJ/sgM.net

>>22
敗因は簡単、相手がアメリカだったからとしか言えんよね
あのスーパーチート超大国相手じゃ世界が束になっても勝てんて




23: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:15:35.51 ID:2EF1Ki0Y.net

ガ島攻防戦の時に出し惜しみせずヘンダーソン飛行場への艦砲射撃に使い倒してたら
第三次ソロモン海戦の時に面白い結果になってたかもしれない。




195: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 20:17:55.65 ID:2RkLQC7f.net

>>23
たしか対地攻撃用に転用していた大和級用の三式弾の準備が間に合わなかったとか。




24: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:15:37.94 ID:UkKS+YEs.net

不沈艦というが信濃なんか魚雷であっけなく沈んでるやん




37: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:26:14.20 ID:tOQ9CzzR.net

>>24
急場しのぎで改造した船だからな
沈没した時点でも本来なら未完成に近い出来だったらしいくて
配線むき出しだったりで気密扉閉められなかったらしい




337: なまえないよぉ~ 2015/10/20(火) 21:44:03.75 ID:QVpJnlPy.net

>>37
っていうかまだ艤装中じゃなかったっけ?




29: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:17:56.77 ID:MD2d+OMl.net

米攻撃機1000機と
直撃弾20発以上近接弾を含め120発
無数の機銃掃射してもとまらない対空砲郡
両舷あわせて18発もの魚雷を食らっても2時間浮きつづけ
最後まで機関は止まっていなかった?

 そんな戦艦が2隻も居たとさ。




33: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:22:14.01 ID:tYpuDjQ0.net

映画だと米艦載機を落としてるように描いてるけど
1機も落としてないって説もあるようだな。ちょっと寂しい
あれだけの装備で一斉射撃すれば盲撃ちでも幾つかは落ちるよな。




35: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:24:58.76 ID:UkKS+YEs.net

空母に改装しただけで信濃も同じ水密区画だろ?なんであんな簡単に沈むんだよ。




49: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:38:56.16 ID:MD2d+OMl.net

>>35
米潜水艦S311アーチャーフィッシュの発射した魚雷6本中4本が右舷に命中
魚雷は水深3米(10フィート)に設定
艦中央部に2本命中し、残り2本は後部の非防御区画に命中。日本時間午前3時17分
大和型の中央部水密区画は厚41cmの鋼鈑ががあり、喫水下2・5米から厚さ20cm鋼鈑
薄くなった場所にバルジが2・5米のふくらみで装着。
バルジの構造は二重に鋼鈑が張れ(内部1・5米に9mm鋼鈑、外部14mm鋼鈑)、
上部の継ぎ目肩部分は一重であり、この部分が喫水下3米であり魚雷は
この場缶室と発電所に命中したのでやすやすと20cm鋼鈑を破り、海水が第三・第七・第十一缶室に奔流し、内部の三缶室も浸水。
缶室と発電機室は破壊後部2ヶ所の浸水と併せて「信濃」は右に13度傾斜
缶室の浸水で缶が爆発する危険のために全ての缶の火を消してしまい、排水作業が真っ暗で作業が不可能、
主動力源が動ガソリンエンジンの排水ポンプは24台あったようですが、2台しか作動しなかった。
このため排水作業は手押しポンプ主体かずに予備補機として16基あったディーゼル発電機を作動させても1基も動かなかった
真っ暗闇での排水作業が功を奏せずに「信濃」の傾斜は増し
この日は北東の強風20米以上が吹いていて、傾斜した「信濃」の右舷を強風波浪が襲って
最後には傾斜煙突からの海水の浸水で艦が転覆午前10時40分




152: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 19:41:09.07 ID:ov/yY+qN.net

>>35
空母に改装した時点で水密区画は変更されてるし
そもそも信濃が沈んだのは、最終擬装を行うために
横須賀から回航していた途中の半完成状態で、
いわば完全な水密区画や必要数のダメコン要員が不在だった所為




163: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 19:46:07.24 ID:sumxTe4x.net

>>152
あと、工期短縮しまくりの超突貫工事でアチコチ不良箇所があったせいで
最初の魚雷食らった時点で既に復旧不可能な損傷になってしまったのもあるな




41: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:32:20.69 ID:e941h4WZ.net

戦後は映画会社、プラモ会社を大いに助けました。




42: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:32:52.99 ID:0u92U2e7.net

どっかの金持ちが、まったく同じ船を作ってくれないかなw




43: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:36:10.07 ID:IGNnK43C.net

戦果はともかく見た目は素人が見ても面白い




46: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:37:41.49 ID:xggy6RBq.net

いま大和と武蔵が動態保存されてたら、とんでもない観光資源になっただろうになぁ・・・




60: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:42:52.47 ID:jIexMDrJ.net

>「“虎の子”として温存しすぎた」といわれ、
そうは言うけど使い切っちゃったら
「まだ戦艦残ってるから準備を万全にして慎重に」が「もう戦艦ゼロだから気軽に全力突撃で」
になっちゃうじゃん
手札として残ってるだけで結構違うと思うんだけど




61: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:43:52.06 ID:CbPqu3m9.net

すでに空母と艦上戦闘機が主力になってたし

巨大戦艦は時代遅れだったよ




63: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:45:10.80 ID:1Zogpb51.net

駆逐艦に外洋航行能力を持たせた日本軍すげえ、ってのはあるが戦艦で外洋航行能力ないとかねーだろ。




65: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:51:04.00 ID:YTi+dNSO.net

世界に先駆けて空母を中心とした機動部隊で攻撃した真珠湾攻撃で始まり、
時代遅れの無駄の極致、戦艦大和で終わる。
日本とはこういった竜頭蛇尾の国である。




73: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 17:59:59.28 ID:1Iqr2VTM.net

大和は作るときだけじゃなく寝かせてるだけでも何百機もの航空機が作れる予算がかかってる
そして使い道がないという判断で突撃させてるから乗員のことも考えると時代遅れだけじゃなく
金は食う人は食うのとんでもない足手まといだった




76: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:04:34.28 ID:iGgsf4OB.net

戦艦が時代遅れだったというより
大和の対空の弱さが時代遅れなんだよ
あとは火器管制な

英語の軍事マニアサイトでは大和の評価は総合でアイオワやビスマルクと同等程度(実績入れない場合)

IJNのBBでは扶桑や金剛が比較的人気
金剛の活躍は海外のミリオタにも知られている




80: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:08:06.16 ID:iGgsf4OB.net

ただし「大和作った日本は大艦巨砲主義で失敗した」は誤り

日本は日米英の中で真っ先に戦艦の建造を中止した国なので。




82: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:09:11.40 ID:mCO5UJws.net

>>80
アメリカなんか戦後まで必死で戦艦建造してるしな
殆ど役に立たなかったがw




86: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:14:30.86 ID:0B8C3fGY.net

>>80
つまり作ってしまった大和の扱いに困っていたと。




93: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:25:43.80 ID:9etTD6DC.net

巨大なバトルシップが無意味なのが証明されたのが皮肉にも日本が撃沈した
プリンスおぶふぇーるずだった。航空機で沈まないと思われていたのにあっさり
沈んでしまって、その頃には日本は巨大な戦艦を作り終えてた。




97: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:30:44.20 ID:In5G7dNg.net

決戦兵器が時代遅れで決戦に使えなかったw
税金の無駄以外の何物でもないw

かわりに米本土に長距離爆撃かます
富嶽計画をやっていればよかったんだよw

ICBM以前は長距離爆撃こそ決戦兵器だろうw




108: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:45:32.95 ID:KHQzYLHW.net

>>97
米本土に近付いた時点でレーダーに捕捉され戦闘機の餌食になるだけ。

航空母艦を米本土に近い距離まで移動させるにはハワイをそのまま占領し、回収、
そこから西海岸へ空母護衛用の連合艦隊とともに出動する以外無い。
その為の巨大戦艦でしょう。




101: なまえないよぉ~ 2015/10/19(月) 18:36:25.68 ID:TZ6LEB2W.net

大和を時代遅れにしたのも、また日本と言う事実
時代の最先端をいっていた故の数奇な運命だねぇ。




1001:管理人もこもこキャット


    ノ ノ ノ ノ )ミ      
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  大和は時代のあだ花だったとは思うけど   
|       (__人__)    |  それでも遠くて近い戦争という時代に思いを 
/     ∩ノ ⊃  /   馳せるとき大和に感じるはロマンなんだよなあ
(  \ / _ノ |  |     せめて最後は伊藤整一司令長官とスプルーアンスの
.\ “  /__|  |    戦艦同士の艦隊決戦で死に花を咲かせてほしかったお 
  \ /___ /






 






 
 
[ 2015/10/24] 軍事 | コメント(9)
「実際、イギリスの戦艦などは北海やバルト海、地中海といった内海での航行を想定しているため、波への抵抗力は高くない。 」って北海は荒波で有名じゃね?
[ 2015/10/24 19:53:50 ] [ 編集 ]
せめてもう3ノット出せればねぇ
[ 2015/10/24 20:33:37 ] [ 編集 ]
>「時代遅れの産物」という評価もあるが、これも結果論的な視点だ。

特に戦争において、結果論以外になにがあるというのか?
いろいろ考えさせられたけど大和はやっぱり時代遅れの産物だったと思う。

ただ航空機主力路線は日本がやりたくても現実的には無理だったろうとも思う。
[ 2015/10/24 22:32:34 ] [ 編集 ]
色々おかし過ぎて草生える
7,200海里の航続は、世界各地で継続的に活動する為に航続性能を重視された英国米国
戦艦のそれと比べると見劣りするものの、決して不足ということはない
復原性も、横にも大きい船体のお陰で最高クラス、外洋で使っても無問題

91069
英国艦も各地で活動するから比較的早期から耐波性の事であれこれ苦慮してる
と思える設計が各所に見られる 巡洋艦や、艦隊型駆逐艦はこの辺かなり面白い
まあ太平洋という非常に荒れた海域とそれほど縁が深くないから、日米に比べると
まだ手ぬるく見えるっていうなら分かるがな
[ 2015/10/24 23:46:08 ] [ 編集 ]
※91073
それでもなお結果論となる結果の中途の位置ではあるがな。当の米英ですら大戦終了後も戦艦や重巡洋艦の建造を進めていたし

デモインとヴァンガードの実情が最終的な大型艦砲不要論の結論を付けた気がする
しかしヴァンガードとは皮肉な名前もあったものだ
[ 2015/10/25 02:29:21 ] [ 編集 ]
たとえ時代遅れだとしても世界で最高最上の逸品を創り上げたんだから誇りに思うよ
[ 2015/10/25 04:44:34 ] [ 編集 ]
時代遅れというより運用する術がなかったという方が正しい。
燃料も人員も技術もない、出撃しようにも簡単には動かせない。この状態で一体どうしろと。
航空兵力時代への対応も信濃の空母改装で早々とやってるんだよね。ただ、これも
人足りない資材足りない、被弾してもダメージコントロール出来ない。
で結局沈んじゃった。仮に完成しても載せられる航空隊がない、制海権と制空権奪われて
出撃できない。全てが八方塞がりだったのよ。
[ 2015/10/25 14:25:02 ] [ 編集 ]
日本は戦争に負けて良かったのかもしれない
軍国主義の言いたいことも言えないような島国を、
根本から叩き潰してくれたアメリカには、感謝する
べきなのかもしれない
ただ、大和だけは残ってほしかった
[ 2015/10/25 14:29:15 ] [ 編集 ]
マーク・ミッチャーが手心加えて。モートン・デヨの戦艦任務部隊の出番になったとして。沖縄攻略で頭が一杯だったスプールアンスが駄々こねて現場の指揮権を奪えたかは微妙かも。ただ、スプールアンスは戦艦大好きだったから無茶を通すかもしれない・・・w

大和が長門の様に生き残ったとしても。仲良く水爆実験に・・・。
アメリカの国威発揚に利用されるかもなぁ・・・orz
[ 2016/01/30 18:56:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







このブログについて



管理人:もこもこキャット

髪の化身

【このブログについて】
【twitterで更新情報掲載中】

カウンター
サイト内検索
過去記事ランダム表示
アクセスランキング