ヘッドライン

ラル隊長よりロスマン先生の方がえっちく見える
   

【自動車】 トヨタ車体からヒャッハーなアルファードが出展されるwwwww 

1: 目潰し(catv?)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 16:14:29.89 ID:wLVmuOgs0.net

2015年8月に創立70周年を迎えたトヨタ車体株式会社は、10月28日(水)から11月8日(日)までの
12日間、東京ビッグサイトで開催される第44回東京モーターショー2015において、
「Active Life Vehicles」をテーマに、クルマと共にある新しいライフスタイルを提案する。

ALPHARD Hercule Concept(アルファード エルキュール コンセプト)

南欧のヨットハーバーへ向かう途中、心地よい潮風を感じながら仲間とシャンパングラスを傾ける。
そんな休日の過ごし方が似合う、開放感に満ちた上質な室内空間を備えたオープンクルーザー。

・爽快なオープンエアの世界を一気に広げるビックオープンソフトトップ

・フローリング調フロアや最後席にラウンジソファを採用するなど、まるでクルーザーのキャビンに
居るような優雅な室内空間

・マリンイメージを高める大型フロントグリルやルーフトップの整流板、波や風をイメージした紺碧の
ボディ側面グラフィックを特徴とする流麗なスタイル


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00010000-autoconen-ind

no title



   
 
 

【自動車】 トヨタから発表された新型コンパクトFRスポーツがかわいすぎるwww 

1: キン肉バスター(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 21:48:46.14 ID:4OHb956X0●.net BE:586999347-PLT(16001) ポイント特典

トヨタ自動車は8日、29日に開幕する東京モーターショーの出展車両を発表した。

小型・軽量の新しいスポーツカーなど3車種を世界初公開する。

スポーツカー「S―FR」は、入門モデルの位置づけで、小型車では珍しい後輪駆動タイプだ。販売中のスポーツカー「86」より一回り小さい。
50年前に発売され、「ヨタハチ」の愛称で親しまれた「スポーツ800」のような外観で、走る楽しさと乗り心地の良さの両立を目指した。
「平成のヨタハチ」として注目を集めそうだ。

次世代燃料電池車(FCV)「FCVプラス」は、水素社会が定着した十数年後を想定した未来感あふれるデザインが特徴だ。

バネなどがむきだしで、アナログを思わせるデザインが目を引く「キカイ」も世界初公開となる。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151008-OYT1T50062.html

no title



   
 
 

【自動車】 マツダ ロータリー搭載の「RX‐7」を復活か?コンセプトモデルを東京モーターショーで公開 

1: 海江田三郎 ★ 2015/10/01(木) 18:06:28.22 ID:???.net

http://clicccar.com/2015/10/01/330129/

マツダが10月30日から11月8日にかけて一般公開される「第44回東京モーターショー」において
「マツダスポーツコンセプト」をワールドプレミアすると発表しました。


no title

世界初公開となる同コンセプトモデルは、スポーツカーの正統を感じさせる、マツダのスポーツカーの
歴史を凝縮させたようなスタイリングを備えていると言います。

今回のショーテーマである「マツダは“走る歓び”の未来を切り拓く」に沿って、マツダはこのコンセプトモデルや
「コスモスポーツ」とともにマツダのクルマづくりの歩みを紹介するヘリテージ展示を通じて、マツダらしい“走る歓び”を訴求するとしています

昨秋にお届けした記事「マツダが2017年にロータリーエンジンを復活させる!?」でも触れましたが、
2012年6月に「RX-8」の生産が終了した後もロータリーエンジン復活を望むマツダ・ファンが多い状況。

今回のマツダの発表は1971年デビューの「直感! サバンナ」を経て1978年に誕生した「サバンナRX-7」以来、
その後の日本のスポーツカーを代表する1台となった「マツダRX-7」がSKYACTIV技術を得て復活するのでは?と連想せずにはいられません。

おりしも同社は量産ロータリーエンジンを世界で初めて搭載した「コスモ・スポーツ」の発売(1967年)から
50周年、さらに2020年には同社創立100周年を迎えようとしています。
アニバーサリーイヤーとなる2017年にロータリーエンジンを華々しく復活させるというシナリオが用意されていても何ら不思議ではありません。
今回東京モーターショ15に出展される「マツダスポーツコンセプト」はそのティザー画像からも判るようにフォルムが
FR然としたロングノーズの2ドアスポーツクーペ。

ロードスター用のプラットフォームをベースに、かねてから開発が続けられている1.6L(800cc×2ローター)の
次世代ロータリーエンジン「16X」を搭載して登場する可能性が高そうです。
2017年に「RX-7」、そして4ドアセダン「RX-8」の2020年復活など、ロータリーファン垂涎のシナリオが遂に具現化することになるかもしれません。



   
 
 

【自動車】 VW不正排ガス車の改修費用が1台あたり安すぎワロタwwwww 

1: キチンシンク(茨城県)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 00:40:50.66 ID:sl4G7pZn0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典

南ドイツ新聞(電子版)は27日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車排ガス不正問題について、ドイツでは不正車を法規に適合するよう改修する費用は1台100~200ユーロ(1万3500~2万7000円)と、VWが見積もっていると報じた。

ドイツでの不正車は約280万台。合計すると、費用は最大5億6000万ユーロ(756億円)程度となる。
VWは改修の結果として、問題となっている窒素酸化物(NOx)の他に二酸化炭素(CO 2)などの排出量が増えないか、燃費が悪化しないか精査する必要があるという。

ドイツ連邦自動車局はVWに対し、10月7日までに改修の方法や期間を回答するよう求めている。


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015092800001



   
 
 

【自動車】 次期スイフトスポーツ 1.4Lブースタージェットエンジンを搭載で最高出力150ps! 

1: デンジャラスバックドロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 23:27:58.95 ID:PlrHSmXh0.net

スズキは開催中のフランクフルトモーターショー2015でスイフト後継モデルのバレーノをワールドプレミアさせた。

(写真は新型バレーノ)
バレーノ ヘッドライト

新型バレーノ欧州仕様に搭載されるエンジンは新開発の直3 1.0L ブースタージェット、1.2Lデュアルジェット、1.2Lデュアルジエット+SHVSの3タイプが用意された。

suzuki baleno スズキ バレーノ フランクフルトモーターショー2015

そして、さらにハイパワーなパワートレインとして、1.4Lのブースタージェットエンジンの搭載が計画されている。これはスイフトスポーツ後継に相当するモデルとなる。
次期スイスポに搭載されるのは最高出力150psの1.4Lブースタージェットエンジン

1.4Lのブースタージェットエンジンは4月の上海モーターショー2015で発表されたばかりの新開発ユニットである。そのスペックは最高出力140ps、最大トルク22.4kgmというものであった。
今回のフランクフルトモーターショーでもビターラSとして同ユニットを搭載させたモデルが出展され、採用が拡大されつつある。


次期スイフトスポーツでは、このエンジンのチューンアップ版が投入されることになり、最高出力としては150ps前後になることが想定される。
現行スイフトスポーツの136psから大幅アップとなることは確実となった。トランスミッションとしては6MTが引き続き採用される。

次期スイフト日本仕様については、バレーノのフランクフルト発表に続き、10月の東京モーターショー2015での発表が予想される。次期スイフトスポーツはそこから1年から2年先の2017年頃に発売されるだろう。

http://car-research.jp/suzuki/swift-sport-4.html

baleno-face-300x192.jpg



   
 
 

【自動車】 ホンダ新型NSXがフルヌードでニュルブルクリンクを疾走する動画公開 

1: マシンガンチョップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:14:22.26 ID:An+ILidC0.net

現在、ドイツにて世界最大級のモーターショー「フランクフルト・モーターショー」が介されていますが、同じドイツでも世界一過酷なサーキットであるニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでは
新型NSXがいよいよ最終テストに突入している模様です。

走行していたのはアキュラ仕様のNSX。ホンダの欧州R&Dがあるオッフェンブルクを示す「OF」のナンバープレートを装着し快音を鳴らしながらニュルのタイトなコーナーを快走していました。
室内に計測機器と思われる機械が見えます。ほぼ量産型で最後の性能確認を行なっていると推測されます。



no title

http://autos.goo.ne.jp/column/327456/



   
 
 

【自動車】 日産スカイラインクーペの新型が2016年夏登場!かっこいい!! 

1: ムーンサルトプレス(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 09:33:11.88 ID:KzLwExzd0.net

日産自動車のスポーツクーペ、『スカイライン クーペ』。同車の次期モデルについて、米国での発売時期が判明した。
これは8月7日、インフィニティが明らかにしたもの。「次期『Q60』を2016年夏から秋にかけて、米国で発売する」と発表している。

インフィニティは1月、デトロイトモーターショー15において、『Q60コンセプト』を初公開。同車は、
インフィニティQ60(日本名:日産スカイライン クーペ)の次期型を示唆したコンセプトカーだった。

Q60コンセプトのデザインは、現行の日産スカイライン クーペに対して、エモーショナル性をさらに追求しているのが特徴。
フロントマスクなどのディティールには、2014年9月、パリモーターショー14に出品されたコンセプトカー、
『Q80インスピレーション』のモチーフが導入されている。

ボディサイズは、全長4690×全幅1865×全高1370mm。インテリアは、ハンドメイドのレザーやアルカンターラ、
カーボンファイバーなど、上質な素材を使用。現行のスカイラインクーペに対して、後席の足元空間を広げ、
真の2+2クーペに仕上げられた。

パワートレインは、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンを2個のターボで過給したユニット。優れたパフォーマンスと
環境性能を両立した次世代エンジンとなる。

次期Q60は、このQ60コンセプトがベース。米国では2017年モデルとして、2016年夏から秋にかけて発売される。


http://response.jp/article/2015/08/14/257875.html

no title



   
 
 

AmazonがBBC「トップギア」をクビになったジェレミーら3人起用の自動車番組を2016年から配信 

1: ときめきメモリアル(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 11:08:53.10 ID:YDFDrheq0.net

Amazon.comが、BBCの人気長寿番組「トップギア」(日本でもBSフジで放映中)の司会を降板した
3人を起用したオリジナル自動車番組を2016年にAmazon Prime会員向けに配信すると発表した。

米Amazon.comは7月30日(現地時間)、英公共放送BBCの長寿人気番組「トップギア」で長年司会を
務めてきたジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの3氏による新番組を
Amazon Primeで2016年にスタートすると発表した。

トップギアは1977年からBBCが放映している自動車番組。辛辣な製品批評や過激な“実験”で人気を
博している。日本ではBSフジで視聴できる。BBCによると、世界で3億5000万人が視聴しているという。
途中で何度か入れ替わりはあったものの、上記の3人が同番組の司会を長年務めてきたが、
クラークソン氏がプロデューサーに暴力を振るった事件をきっかけに3人の降板が決まっている。

クラークソン氏は発表文で「複葉機から這い出して宇宙船に乗るような気分だ」と語った。

番組プロデューサーは、やはり4月に番組を降板したクラークソン氏と旧知のアンディ・ウィルマン氏。
新番組はトップギアに似た内容になりそうだ。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/31/news070.html

no title


no title



   
 
 

【RPS13】 最近180SXって車のかっこよさに気付いたんだが? 

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

半目がカッコいい

20150725-1.jpg



   
 
 

【自動車】 マツダ RX-7 次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!? 

1: ウエスタンラリアット(東日本)@\(^o^)/

マツダの次世代RX-7が復活、というニュースが世界でも話題になっているようだ。この情報や
予想イラストを欧州から入手した。
マツダがロータリーエンジンを『コスモスポーツ』に搭載してから、50周年にあたる2017年はマツダにとって
特別な年となる。そこでマツダは300psを発揮する1.6リットル次世代ロータリーエンジン、「16x」を搭載する
『RX-7』を復活させるシナリオを描いているという。


http://response.jp/article/2015/07/09/255327.html

no title



   
 
 
このブログについて



管理人:もこもこキャット

髪の化身

【このブログについて】
【twitterで更新情報掲載中】

カウンター
サイト内検索
過去記事ランダム表示
アクセスランキング